教育画劇は紙芝居、絵本、児童書の専門出版社です。

子どもの本と紙芝居 教育画劇

お問い合わせ
  • 紙芝居を楽しもう
  • 紙芝居
  • 絵本
  • 読み物
  • 学校・図書館セット
  • 受賞歴
創作えほん そうさくえほん

大好きなおばけちゃんを独り占めしたい!でも笑ってほしいんだ

かっぱちゃんとこおにちゃんとおばけちゃん

作/絵・マリマリマーチ

新 刊
かっぱちゃんとこおにちゃんとおばけちゃん

かっぱちゃんは、おばけちゃんが大好き。
こおにちゃんも、負けずにおばけちゃんが大好き。

でも、おばけちゃんは、かっぱちゃんもこおにちゃんも
大好きだから本当は一緒に仲良くしたいんです。

でも、そんなおばけちゃんの気持ちがわからない
かっぱちゃんとこおにちゃんは、どうしても
大好きなおばけちゃんを独り占めしたくて
おばけちゃんを取り合ってしまいます。

ぐいぐいぐい ぐいぐいぐい
右と左からひっぱり合うと、
おばけちゃんの体がみよーんと伸びて……。

まさかの衝撃的なしかけ絵本!
小さな子どもさんでも、
お友達を挟んで三角関係ってありますよね。
でもラストは、三人仲良くまあるくきれいな『和』になりますよ♡

対象年齢 : 2・3歳〜 / 3・4歳〜 /
小学校低学年〜

サイズ: 天地200ミリ×左右200ミリ

ページ数: 32ページ

ISBN: 978-4-7746-2143-2

Cコード: 8793

発売日: 2018年6月21日

定価(税込):1,296円(本体1,200円)

  • amazon.co.jpで購入する
  • セブンネットショッピングで購入する
  • 楽天ブックスで購入する

著者紹介

マリマリマーチ
1985年、千葉県市川市生まれ。東京在住。
立教大学文学部日本文学科卒業。
武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。
日本児童出版美術家連盟、
イラストレーターズ通信会員。
絵本作品に「ジャミちゃん」(シロクマ社)、
紙芝居作品に「いろいろ めしあがれ!」(教育画劇)などがある。

作者からのメッセージ

『かっぱちゃんかこおにちゃんかおばけちゃんか』

4歳で年中さんから幼稚園に入ったとき、わたしにはお友だちがいなかったらしい。自分ではよく憶えていないのですが、たしかに幼稚園の頃のことを思い出すと、大体ひとりでいる絵が浮かびます。

だから、『かっぱちゃんとこおにちゃんとおばけちゃん』のような関係が生まれたのは、小学校以降のことだったのだろうと思います。たぶん、かっぱちゃんだったことも、こおにちゃんだったことも、おばけちゃんだったこともあります。

仲良しの子とあそんでいたところに別の子が加わってきて、「ふたりきりであそびたかったのになぁ」と思ってしまったこと。3人で話しているときに、「ふたりにしかわからない話をするのはやめてほしいなぁ」とさみしい気持ちになったこと。ふたりとも大好きなお友だちなのに、両方から「今日はわたしとあそぶって言ったじゃん!」と責められて戸惑ったこと。

人間関係は3人以上になってはじめて、自分の立ち位置を考えたり、バランスをとったりすることが試されるのだろうと思います。ちいさい子どもさんたちが「ふたりきりの世界」から「3人以上の友人関係」を築いていくことになったとき、はじめはきっと、すこし戸惑ったり、癇癪を起こしたり、さみしくなったりすることがあるのだろうと思います。でも、仲よしが増えると、ふたりきりのときには見えなかったことが見えてきたり、たのしめることもぐんと増えて多様になっていきます。好きの気持ちにブレーキがきかないとき、つい自分だけのものにしたくて取り合いをしてしまうけど、物でも人でもひっぱりあいっこしたら、その大切なものが傷ついてしまいます。ひいては自分もつまらないし、なんだかモヤモヤ・・・。それよりみんなで仲よく輪になれば、もっとずっとたのしいねって、伝わったらいいなぁと思います。大人の世界でも、みんなが「自分が、自分が」でいたら、争いごとはなくなりませんよね。相手の立場や気持ちを尊重すること、乱暴でないコミュニケーションの方法はいくらでもあると思います。お説教くさくなく、たのしく笑いながら、読んでもらえたらうれしいです。

さいごに、おばけちゃんはおモチみたいな体をしているので「みょーん」と伸びても「ぱっちん」とちぎれても大丈夫なんです。くれぐれも大好きで大切なお友だちのことを「ぱっちん!」なんてしないように、ね。